【新製品予約】NorthEast Sten Mk2 T型ストック マシンカービンGBB (STEN MK II/Long Branch)

価格: ¥54,900 (税込)
数量:

twitter

NorthEast Sten Mk2 T型ストック マシンカービンGBB (STEN MK II/Long Branch)

※12月下旬入荷予定ご予約品。(発売時期は遅延する場合があります)
※価格は予価のため変更される場合があります 型番:NEA-SMG-005
全長:760mm
重量:3220g
装弾数:32発(6mmBB弾)
ファンクション:SEMI/FULL切替式オープンボルトGBB
パワーソース:HFC134aガス
HOP:可変式
JapanVersion(日本仕様0.98J未満/35℃)
対象年齢18歳以上

予価¥62000
<リアルガンヒストリー>

ステンガンのカナダバージョン、Sten Mk2 Long Branch。

ロング・ブランチ(Long Branch)は現在、大トロント市の南西にある一つの自治体で、オンタリオ湖湖畔にあるこの町は、原材料の輸入・完成品の運輸も便利ま地域です。
第二次世界大戦中、ここは労働者階級の住む町外れの区域で、人口は北東にある大都市トロントには遠く及ばなかったので、大量な労働者が必要な兵工場にとって、これはまず解決しなければならない問題であった。
1940年、イギリスのBSA Guns Ltd.はこの地で工場とインフラの整備を始めました。公共運輸の不便と人口不足の問題を解決した後、1941年で操業を始め、師弟制で工員の訓練と技術の支援を行い、最初の年でライセンスの許可と受注を受け、まずは17000丁のSTEN Mk.2を試製しました。
1942年から、正式に量産を始め、目標の月生産量は2500丁であった。最初は1丁10カナダドルで提供し、その後は1丁13.55カナダドルまで値上げました(当時は約3ポンド。イギリス産のSTEN Mk.2は1丁2.3ポンド)。
総生産数、総受注数(133497丁)と総取引数(149905丁)は、資料が散逸したため、数は合わなく、受け取り先が受け取りした数も、考証ができませんでした。受け取り先と取引数は以下の通りになります。
カナダ陸軍:58160丁
ロイヤルカナダ空軍:5000丁
ロイヤルカナダ海軍:2000丁
イギリス:9781丁
中華民国への援助:72882丁
ソ連への援助:2丁
自由フランスへの援助:1400丁
陸軍工程設計チーム:2丁
War Supplies Ltd.:2丁
標準検査チーム:676丁

ロング・ブランチ製のSTEN MK2は、イギリス製の製品と殆ど同じである。メインのパーツは互換性があり外観から分かる違いは、アパーレシーバーとロアーレシーバーの接合箇所。
強度が向上した溶接法を採用し、それは弾倉差し込み部の溶接部分の処理であり、この特徴は精鋭部隊である空挺部隊向けに供給したSTEN MK.5でも見られる。






ページトップへ